アイバルの材料

ここでは
アイバルの材料についてもっと詳しいマケドニア人の方からのお話をご紹介します

もしマケドニアを象徴するものがあるとすれば、それはパプリカとトマトです。
世界中のどこに行っても、マケドニアほどパプリカ料理がバラエティーに富んでいる国は存在しないでしょう。
マケドニア料理を口にした多くの外国からのお客様による賛辞がそれを証明しています。

赤パプリカ

Paprika

アイバルの基本材料であることから”アイバルカ”、としても知られている赤パプリカは、マケドニアで最も生産量の多い農耕作物です。赤パプリカはマケドニアの南に位置する地域で生産されています。晴れの日が多いユニークな気候で赤パプリカの生産に最も適しています。

なすび

なすびは赤パプリカの製造工程で特別に追加された材料です。このたった一品を加えることで、アイバルの独特の香りが生まれ、ユニークな味を引き出すことができるのです。地中海性気候のヴァランドボ地域は特に優良ななすびの栽培にとっても適しています。

Eggplant

ひまわり油

Sunflower Oil

マケドニアオリジナルの高品質なひまわり油は製造工程の基本材料です。これは、パプリカとなすびがおりなすユニークな味を引き出すための、接着材のような存在です。

海の塩

全てのお料理に、ほんの少しのお塩って、必要不可欠ですよね!そして、それはちょっとした魔法のよう!

Sea salt

ベジタリアンの方にも召し上がっていただけます。グルテンフリーの食品です。

マリマトスカ - © 2017 ページ上の情報は古い物及び不正確な物が含まれている可能性があります。最新情報及び正確な情報につきましては直接ご連絡頂きますようお願いします。